プロフィール

au.sophia

Author:au.sophia
東大和市在住。ピアニスト。幼い頃からピアノの音色に興味を持ち、以来あらゆるジャンルの音楽に挑み「ジャンルを問わぬピアニスト」の異名を持つ。国立音楽大学在学中よりその才を生かし、結婚披露宴でのピアノ演奏


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、おはようございます。

昨日は朝、小手指公民館の場所とりに朝早く出掛けたため、ブログが書けませんでした。ごめんなさい。
今、考える時間がなかなかひねり出せず、それが私の目下の悩みです。

秋に向けて、いくつかの演奏会のプログラムをまだちゃんと決めておりません。
イギリス館のコンサートが近づいているため、自主練の優先順位も上がって来ましたので、昨夜も23時まで練習に没頭し、考えがまとまりませんでした。

年末のささやかなぴんころコンサートでは、展覧会の絵、トッカータとフーガ、ラプソディーインブルー、月光ソナタが、ぴんころマスターからリクエストいただいております。しかし、こんな大曲ばかり披露して、お客様が疲労しないかしら?と悩む私なのでした。

ところで、私はテレビはほとんど見ない方です。しかしその中でもお気に入りの番組があり、数か月に一度しか見られませんが、『珍百景』という水曜日にやっているのがそれです。地方の珍しい光景をただ紹介するという番組で、嫌味がなくたまに好んでみます。

しかし・・・この番組で、珍百景を紹介する直前に流れてくる音楽・・・・これは、恐らく展覧会の絵のキエフの大門のラストの音楽あろうかと私はにらんでいます(笑)。展覧会の絵を自分で演奏する時は、いつもこのフレーズに到達すると涙が溢れてくるくらい感動的な場面なのですが、このようにバラエティ番組のおかしなシーンで取り上げられるとなんだか滑稽に変わってしまうから不思議です。ぴんころコンサートで展覧会の絵を弾いたら、この部分で吹きだしちゃうんじゃないかと不安に思う今日この頃です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お知らせ】

近々に行われる次なるコンサートは、横浜イギリス館のピアノコンサートです。私のソロプログラムになります。今回は、一度まとめて弾いてみたかったシューベルトとショパンの即興曲を時間の許す限りお披露目したいと思っております。今回プログラムに乗せている曲すべて私の大好きな美しい曲ばかりです。皆様のお越しをお待ちしております。画像をクリックしていただきますと詳細御覧いただけます。

清水智子2015ピアノコンサート

2015年9月11日(金) 14:00開演

イギリス館2015

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maingauche07.blog120.fc2.com/tb.php/1455-9ba8eb49


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。